このまちの工場である、ということ。

 
かつての「MADE IN JAPAN」は、今や神話と化してしまいました。
価格競争に疲弊し、諦めと義務感に支配されたものづくりは消耗戦の様相です。
 
ものづくりには、使い手への思いやりがあったはずです。
ものづくりには、作り手の物語が詰まっていたはずです。
 
作り手と使い手に双方向の歓びがあって、感謝がありました。
だから大切に使ったし、丹精込めて作ったはずです。
その人と人との繋がりがコミュニティであり、まちをつくっていたはずです。
どんなに世界が変わっても、そんなものづくりの根本は変わっていないはずなのです。
 
わたしたちは粛々と、丁寧に紡いだこのまちの物語を世界へと届けます。
ものづくりに誇りとよろこびを宿し続けるために。
このまちが、わたしたちのまちであり続けるために。
 
 
 

企業思想



「ひと」がつくる、ものづくり。

自動機による量産であっても、最終的な高精度へと導くのはひとの目と手であると考えます。弊社ではひとのぬくもりが宿るものづくりを目指します。
 


「まち」をつくる、ものづくり。

このまちでなければ作れないものづくりで、このまちと世界とを繋ぎ、まちに豊かさを還元し続ける経済媒体を目指します。
 


「ものづくり」を、あきらめない。

不可能を可能に。ブレイクスルーはいつだって、知識・根気・思いつきによってもたらされるもの。これら3つの「き」を大切に育み、仕組みや枠組みのみに依存しない有機的なものづくりを目指します。
 

取り組み


定年の廃止|それは成熟か、あるいは。

弊社には、将来を担保に人を拘束する「定期昇給」も、「定年」という終点もありません。習熟は時間の積み重ねと正比例するものではなく、また一定年齢で減衰へと反転するものでもないからです。もちろん肉体的・精神的な老いは訪れるでしょう。しかし、それもまた一定の年齢を境に始まるのではなく、少年時代から、わたしたちは等しく老い続けているのです。
わたしたちは、いつ、どこからでも始められる。ひとつの目的の下、去る者は去り、来たる者は来る。それぞれができることを持ち寄り、それぞれのやり方でそれを遂げる。得たものを分かち合い、また次の目的へと向かって成すべきを成す。それが健やかなる事業の形ではないかとわたしたちは思うのです。
 

学びの支援|秘めるな、与えよ、さらば与えられん。

得た学びは、与えようと試みることでより強く身に着きます。また知識を抱え込むのではなく、広くシェアすることで知識は知恵へ、そしてその先へと進化します。「秘めるな、与えよ、さらば与えられん」をキーワードに、新たな知識を積極的に学び、そこから他者に教育や指導を行うひとを支援します。
 

パラレルキャリアの推進|百姓という生き方。

全員で同じひとつの社会に留まることは、およそ推測され得る未来の達成しか成し得ないと考えます。時代・社会の揺れに足を取られないためには、軸足から少し離れたところにもう一方の足を置く必要があり、かつて百姓と呼ばれた多様な創造性の中にこれからの生き方を見出すことができます。多様で寛容な社会実現に向け、趣味特技の追及、学習機会や異業種への参加など、社外コミュニティと継続的な接続を積極的に支援します。
 

企業概要


社  名

有限会社 エス・エス精密

業  種

金属加工製造業 

実  績


● アルミダイカスト製品の旋盤加工・検査・追加工(自動車部品・家具部品等)
● 粉末焼結金属製品の旋盤加工・検査・追加工(自転車部品・自動車部品・オフィス機器部品等)
● 3Dプリント部品の開発・製造(ロボットハンド・内径パルスエアブロー装置等)

 

 

代  表

代表取締役  鈴木 進悟

所 在 地

〒506-1121 岐阜県飛騨市神岡町殿180番地25

電話番号

0578-82-5463

F A X

0578-82-0780

 

 

設  立

1987年08月01日(昭和62年)

資 本 金

500万円

施  設

事務所棟・第1工場・第2工場・麻生野工場(神岡部品工業(株)殿 内)


 

お問い合わせ


お仕事のご依頼・ご相談など、お気軽にご連絡ください。
なお、お返事に最大4~5営業日頂いております。ご了承ください。